youtubeパートナープログラム要件がとうとう変更になりましたね

2018年に入りまして、youtubeパートナープログラム要件が変更されたのですが、その改訂の内容がすごい。。。。。

f:id:gurichang:20180306151428j:plain

内容を一部抜粋し引用します。以下のURLは引用元のGoogleサイト
 
2018 年 1 月 16 日、YouTube はパートナー プログラムの新しい資格要件を発表しました。チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。
 これは収益化の要件を厳格化する取り組みの一環として行われるものです。これにより、YouTube をよりよいプラットフォームにするために貢献したクリエイターに報いるとともに、悪意のあるユーザーがスパムやなりすましなどの行為によって YouTube のエコシステムに損害を与えたり、クリエイターに便乗したりすることができないようにします。
 
 
 
この改訂の前までは、動画の総再生数が1万回以上だと誰でもユーチューバーになれたのですが、これでユーチューバーとして収益を受け取るにはかなりのハードルが設けられることになりましたね。
4000時間の再生時間というのはある程度頑張れば越えられる。しかしチャンネル登録1000人以上というのがものすごくハードルが高いなと感じましたわ。チャンネル登録してなくてもよく観る動画とかあるし。。。
YouTubeの収益はジュース代や、交通費にはなっていたのでこれからしばらくは自分のチャンネルでYouTubeは収益化できないのはちょっと落ち込む。。。(僕のチャンネルは上記の条件をクリアしていないので見事に収益化プログラムから外されました。それを通知する文章がGoogleさんから届きました。。。)
逆にGoogleポリシーをあまり気にしなくてもよくなったので、やりたい放題に好きな動画コンテンツをアップ出来るようになったとも言えるので、好き放題に動画を上げていこうと思います。(Googleは常に収益化プログラムを巡回していて、Googleポリシーに反するものがあると警告メッセージが届きます。僕もYouTubeの収益化プログラムに登録出来ていた時は何回かそのメッセージが来て、動画を改善したりしてました。)
Googleさんも広告主がいて成り立っている会社なので、悪質なユーチューバーや著作権違反などを排除しなければスポンサーに対して利益を提供することが出来ないので、当然の措置だと言えます。今回の改訂でどんな影響が起こるのかという話は頭のいい方にお任せするとして、自分なりに思ったのは、
・優良なコンテンツを作成し提供すること
・現状、自分のチャンネルは収益化プログラムではなくなったので、自分の好きなことをどんどんアップしてチャンネル運営を楽しむこと
・チャンネルを育てる努力を怠らないこと
 
当たり前といえば当たり前のことなんですけれども、人の役に立つ良いものを作り、その行程を自分でも楽しむというなんともまぁ言葉にしてしまえば非常に月並みなものばかり。
著作権違反をしたり不正をしたりして利益を貪るようなことが出来る時代はもう終わり、ということなんでしょう。逆にユーチューバーになる基準を突破して、自分のチャンネルを収益化プログラムに出来るとこれまで以上に収益を伸ばせる可能性もあるので、それを目指していきたいですね。
 

西井昌明のライブ予定

2018年4月2日月曜日

かつおの遊び場(出演時間未定)

http://catoooasoviva.wixsite.com/catooo

2018年4月14日土曜日

東大阪市長瀬ベアズカフェ(出演時間未定)

https://maeyan-soulful.jimdo.com

2018年4月22日日曜日

谷町9丁目ワンドロップ(出演時間未定)

http://onedrop.music.coocan.jp/home.html

ご予約はこちらのメールアドレスにて承ります。

masaaki241@gmail.com

お名前、人数、ご連絡先をご明記ください。