HALion Sonic SE3をAbleton liveで使えるようにしてみた。

 

 

HALion Sonic SE3をAbleton liveで使えるようにしてみた。

すみません、まずは告知させてください。
作曲家や音楽レッスンの他に
弾き語りのライブをやっております。

2018年5月31日木曜日

宗右衛門町かつおの遊び場

http://catoooasoviva.wixsite.com/catooo

19:00オープン
19:40迷子
20:20西井昌明
21:00SunMoon Package
21:40旭克隆
(転換込み40分)
チャージ2,000円(1dr付き)
※ライブハウス、ライブバー初来店チャージ無料

 

2018年7月6日金曜日

尼崎tora(出演時間未定)

http://live-tora.com

2018年7月14日土曜日 

あべのルシアススカイコート(出演時間未定)

お昼から夕方のフリーライブです。

 

2018年7月22日日曜日

東大阪市長瀬ベアズカフェ(詳細未定)

https://maeyan-soulful.jimdo.com 

 
では本編です。
Halion Sonic SE3はもともとcubaseで使用するソフトシンセだけれども、私は現在cubaseからAbletonに乗り換えました。別にcubaseが悪いわけではなく、自分にはAbletonの方が合っていたということです。
Abletonで制作していると、生っぽいブラス音源やストリングス音源がほとんどないので(オーケストラブラスやオーケストラストリングスというソフトは入っているのですが、割りとガチンコのオーケストラ音源なので、BGMとかゲーム音楽とかそういう製作には向いているけども、ポップスとか歌ものにはあまり向いてない)、何かいい音源ないかなとか思ったり、ソフト音源を購入しようかなと思ったり。。。
購入するにしても、こだわってしまったら5万円~10万円くらいするよなと思い、そこまで金かけるもんでもないだろと。
そういや以前cubaseに内蔵で使っていたHAlion Sonic SEで充分だし、それをAbletonで使えるのならそれでOKなんだけれども、と考えた次第でございます。
 
コンピューターのvstかAudioUnitsのフォルダに、HAlionのdillファイルぶちこんだらいけるんじゃね、理論上は。ということでやってみることに。
Cubaseとは別で使うので、steinbergのサイトからHAlion Sonic SE3をまずはダウンロード。

www.steinberg.net

ダウンロードして、vstとAudioUnitsにぶちこまれていることを確認して、AbletonLiveを立ち上げてみると、見事に使えるようになっていた!ちょっと古い言葉だけれども神ってる!

f:id:gurichang:20180514124702j:plain

ある程度の知識さえあればストリングスもブラスもHAlion Sonic SEで充分だと思います。あと個人的にはHAlion内蔵のTRIPというシンセもAbletonで使えるのが嬉しい!
お金も使わずに使いなれたソフトを他のDAWでも導入することができて大満足です。
もし他のDAWでHALion Sonic SEを使用されたい方は是非参考にしてください。